束|鋼製床束と床束用接着剤|大引|自分でリフォームDIY!木造住宅の地震対策

自作の束石をボンドとコンクリートビスで鋼製の床束(ゆかつか)を取付!大引きと金属束をコーススレッドビスで固定します。取付けに使用している床束用の接着ボンドはこれで、束のベースプレート(低面)に接着剤を塗布!「使い方は」 カッターでノズルの一番下の標線から切り取ってコンクリートが乾くまで約1週間放置した「自作の束石(つかいし)」を使っいます。

モルタル固定したコンクリート板

モルタル固定したコンクリート板

仮に「鋼製の床束(ゆかつか)」を取付ていましたが、「ボンドとコンクリートビス」で束石(つかいし)に「大引き(おおびき)」を「コーススレッドビス」で固定します。

使用している床束用の接着ボンドはこれです

個装形態:アルミパック性状:ウレタン樹脂系無溶剤形標準使用量(塗布量):約1.5坪/本(口径5mm) スタイル名:(接着剤本体)【特長】●健康住宅対応、簡易塗布、省ゴミ対策品、湿気硬化型、床鳴防止【用途】●木質フローリング仕上げ材と木質下地材の接着●床暖房用木質床材の接着●鋼製束・プラ束の施工

鋼製床束をボンドで接着

束を接着剤で固定

束を接着剤で固定

ボンドはその名も「 束職人」です。「鋼製束・プラスチック束用の接着剤」で 1液型ウレタン樹脂系接着剤です。 健康住宅対応で F☆☆☆☆(フォースター)認定品& JAIA 4VOC基準適合品ということです。

「使い方は」 カッターでノズルの一番下の標線から 切り取って□径が9mm位になる程度になる様にし、束のベースプレート(低面)に接着剤を塗布します。鋼製束で約20ml (約30g) プラスチック束(プラ束)で約35ml(約50g) 束を床に押しつけた時に接着剤がベースプレート(底面)の周囲から約5mmとベースプレートのスキ間から約10mmはみ出すのが目安。

結構、はみ出すのでもったいないような気がしますが、 塗布後は20分以内に束を床に 押しつけるようにして貼り合わせます。

床束を振動ドリルとコンクリートドリルで

上記の画像では「コンクリートビスの皿頭」は、ボンドで隠れちゃって見えませんが、コンクリートビスで固定しています。

鋼製床束の図面

床束をコンクリートビスでネジ留め。

電動工具の「振動ドリル」と「コンクリートドリルφ3.2mm~φ3.4mm」を使用して「束の取付穴」4か所にコンクリートビス用の下穴を開けます。開けた下穴にめがけてコンクリートビスを「ネジ止め」します。

基礎と土台の接合補強

基礎と土台の接合補強

「振動ドリル」を使ったので「基礎と土台の接合補強」をする「オリジナル補強金具」を気になった箇所に追加しました。水道の「塩ビ管」をうまく避けて「柱と大引き」にノミで切欠きを入れて、取付けできました。

使用した電動工具「振動ドリル」

木材・金属・プラスチック・コンクリートなどの穴あけに電圧:AC100V、周波数50/60Hz、電流:4.0A、消費電力400W回転数:約0~2,800min-1(無段変速)打撃数:回転数×16/約0~44,800min-1チャック能力:1.5~13mm本体サイズ:約長さ270×幅65×高さ195(mm)、質量:約1.9kgコード長:約1.9m定格時間:30分穴あけ能力:コンクリートφ13mm、鉄工φ10mm、木工φ18mmセット内容:チャックハンドル、サイドグリップ、ディプスゲージ 機能切替!「回転」・「回転+振動」ワンタッチ切替! 回転切替!左右回転切替スイッチ付 無段変速!指の操作でスピードコントロール サイドグリップ付!360度角度自在で作業しやすい!

コンクリートドリル

刃径(mm):3.2有効長(mm):45全長(mm):90シャンク径(mm):3.2適合機種:振動ドリル› ●お届け先1箇所に対して送料は1個口分で出荷します●シャンク部の特殊ギザ加工によりチャック部のスリップが発生しません。●ドリルの能力を最大限に使えるため、従来品に比べ切れ味、耐久性ともに約30%以上の性能を発揮します。●被削材:コンクリート、ブロック、レンガ、モルタル。●刃径(mm):3.2●有効長(mm):45●全長(mm):90●シャンク径(mm):3.2●適合機種:振動ドリル●刃部:超硬チップ

DIYリフォーム住宅建築用語

大引き(おおびき)とは

1階の床組の部材で、根太(ねだ)を支えています大引きの端は土台に固定されています。 一般的な間隔は900mmで並べられています。床を支える構造部分。根太の支え床束または大引受などに荷重を伝る。根太と直角に900mm間隔程度で設置する角材。

コーススレッドとは

木材用のネジで木ネジに似ていますが「木ネジよりもネジ山の間隔が広くて」締結力が強いのです。 主に建築現場で使われています。

アンカーボルト(あんかーぼると)とは

土台が基礎から、ずれたり・はずれたり、するのを防ぐ為の固定ボルト。あらかじめ基礎に埋込むボルト。建物の隅・土台の継手部分に設る。

関連記事

F☆☆☆☆(フォースターマーク)とは

JIS工場で生産されるJIS製品に表示することが義務づけられています。 ホルムアルデヒド等級の最上位規格を示すマークで ホルムアルデヒドの放散量の性能区分を表すために 表示することが決められています。

合板のJASマーク

合板のJASマーク

「F☆☆☆☆」と表示されている「建材や内装材」だけは「建築基準法によって」使用量が制限されません。 接着剤や建材等を購入するときには、この4つ星マークがあるか?確認した方が良いですね。
「F☆☆☆やF☆☆」になると条件付きの使用や使用量の制限があり「F☆」のものは内装材としての使用は禁止されています。
「シックハウス症候群の原因」とか「発がん性」があるとかも言われていますね 家には娘(ミニチュア・ダックス)がいるので人間よりも匂いなどの刺激が気になるので気を付けなければ。

少額で誰でも簡単に始められる、新しい不動産投資法日本は7軒に1軒の空き家(古家)があると言われています。今や社会問題にもなっている空き家ですが、少額で購入することができ、おしゃれなリフォームをかければ、お宝の賃貸物件になるのです。この本には多くの成功事例が書かれています。・購入金額130万円:リフォーム180万円:家賃45000円:利回り17.4%・購入金額200万円:リフォーム220万円:家賃55000円:利回り15.7%・購入金額450万円:リフォーム260万円:家賃85000円:利回り14.3%これはほんの一例にすぎません。しかも、こうした多くは大家さんが物件を購入しているのではなく、普通のサラリーマンや主婦、両親の家を相続した人など、いわば不動産投資をしたことない人がほとんどなのです。「最初の投資資金がない」「リフォーム代がかかるのでは?」「入居者がいなかったら……」実はこうした不安も古家戸建賃貸だからこそ解消されてしまうのです。資金はゼロからでも始められます(リスクが少ない)。リフォームも完全リフォームよりも、その家の良さを残したリフォームで済みます(リフォーム代が低コスト)。入居者は戸建を探していた、小さなお子さんがいる家族など(すぐに決まります)。しかも、アパマン経営と違ってその後の管理費がかからないというメリットも。まさに誰でも始められる不動産投資が、この空き家(古家)不動産投資なのです。◆富の格差が生まれる時代に、今すぐ資産づくりを始めようかの経済学者、トマ・ピケティ氏の論ではないですが、これからは資産を持つものと持たざるものとの格差は広がっていきます。もし安全に資産づくりをしたいなら、この空き家不動産投資が最も簡単・効率的で、最初に少額の1~2軒の投資から始めれば、老後は家賃収入で安心して暮らすことができます。著者はこれまでに、クライアントの資産を総額300億円つくってきた不動産投資のプロ。あなたの人生設計に合わせた投資プランも解説しています。さらに大阪商人の知恵とも呼べる蓄財術をひもときながら、投資で失敗しない心得や、大家としての創意工夫なども書き加えています。まさに、空き家不動産投資という新しい形の投資術を通して、あなたのライフプランを描くことができます。あなたの資産づくりに役に立つ情報が満載の1冊です。内容(「BOOK」データベースより)資産を持つ者と持たざる者の格差社会へ突入。不動産投資で老後までに資産をつくる方法を丁寧に解説。空き家不動産投資は今がチャンス!誰でも金持ち大家になれるノウハウが満載!利回り試算から成功事例まで具体的に解説。日本中でこれからますます増える古い空き家が、高利回り物件に変わる!